So-net無料ブログ作成
検索選択
前の20件 | -

愛らしいイタチ君との出会い! [日記]

IMG_9709.JPG
('15/10/14 13:30撮影

我が家の近くを流れる桜川に架かる出会い橋まで、
散歩に行くと、川の斜面に、イタチ君が、
ひょっこり顔を出しました。

鮭(サケ)の遡上を、発見したく、ほぼ毎日、
観察に出向いているので、カメラを持ち合わせていたので、
上手く写真に収めることが出来ました。

ひとつ惜しかったのは、川を泳いで渡る姿を撮れなかった事です。

イタチ君は、川幅5~6メートルの水面を上手に泳いで、
左岸から右岸に、横切りました。
イタチ君の川を泳いで渡る姿を見たのは、
初めての事でした。

また、機会があったら、写真に収めてみたいものです。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨に咲く浄乗寺の曼珠沙華! [浄乗寺]

IMG_9288.JPG
'14/09/25 13:19 撮影




お彼岸のお中日に、浄乗寺を訪れると、
秋の日差しの中、緑の芝生に、
朱色の曼珠沙華が、見事に映えておりました。

曼珠沙華の花の写真は、至る所で見受けられるので、
その日は、写真に撮る気には、なれませんでした。

今日9月25日は、温帯低気圧の影響か、
静かな雨模様です。
雨に咲く曼珠沙華は、写真に収めたことはありませんでした。
1度、写真に撮りたいと思い、再び、浄乗寺を訪れて見ました。


花の盛りを若干過ぎた感はありましたが、
まだまだ、意気盛んでした。

雨に濡れた曼珠沙華の花の写真をまず撮って見ました。
それが、上記の写真です。

何枚かの写真を載せて見たいと思います。



IMG_9284.JPG





IMG_9285.JPG



IMG_9286.JPG




IMG_9287.JPG




IMG_9289.JPG




前庭を一周りして、御堂の裏手にも、
見事な曼珠沙華があると、ご住職からお聞きしていたので、
中門をくぐり、入って行きました。


中門の左手の親鸞上人の9歳の時の歌碑を見て、
中門を入ります。


IMG_9292.JPG
歌碑と中門と鐘楼。



IMG_9293.JPG
中門を入って、左手の鐘楼。
開かれたお寺さんと云う事で、
いつでも自由に、鐘を突いて良いそうです。




御堂の裏手の曼珠沙華を見ると、
既に盛りを過ぎていたので、
写真に撮らずにいると、
ご住職が、傘を差して現れました。

私に傘をさしかけて下さり、
いろいろなお話をしてくださいました。

樒(シキビ)とアセビの違いなどを、
説明して下さいましたので、記念に、シキビのひこばえを、
頂いて来ました。


IMG_9297.JPG
傘を差して来られたご住職。



IMG_9296.JPG
ナウいファッションの擦り切れた作務衣姿のご住職。




IMG_9295.JPG
シキビとアセビの違いを説明してくださる、
作務衣姿のご住職。




IMG_9299.JPG
御堂前から、中門を見る。




IMG_9300.JPG
御堂前の曼珠沙華。





宍戸の古刹浄乗寺は、開かれたお寺として、
いつでも、お参り自由とのことです。
御堂の中に入り、ご本尊の阿弥陀如来にも、
お参り出来ます。
鐘楼で鐘を突くことも、自由とのことです。
御堂を入ると、浄乗寺の欄間もご覧になれます。

9月25日16時ジャスト記す。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

笠間市北山公園湖メダカと名付けよう! [笠間市北山公園湖メダカ]

昨日、’14年8月25日、今年に入って、
2度目の笠間市北山公園湖メダカを、
捕獲に行きました。
笠間市北山公園湖メダカは、私たち旧友部町と、
旧岩間町のメダカの仲間、20人ほどで、
1996年9月28日に、約千匹程、放流した、
18年後のメダカ達です。

北山公園湖に出かけ、目視で確認した所、
ヒメダカ1匹、クロメダカ1匹、泳いでいるのが、
見つかりました。

ヒメダカやクロメダカがいるという事は、
旧友部町枝折川で捕獲した時、ヒメダカの因子が、
既に入っていたのか、
あるいは、2年ほど飼育下に置かれていた時、
誤って、ヒメダカと交配させてしまったのか、
はたまた、何も知らない善意の方が、
家で飼っていたヒメダカを、飼育をやめる時に、
この笠間市北山公園湖に放流してしまったのか。
もうひとつ考えられるのは、万々一ないとは思いますが、
自然界で、突然変異が起こり、ヒメダカが生まれてしまったのか。
この事は、重大な事だと思います。

私としましては、一旦飼育下に置かれたものは、
野生種のメダカと云えども、
純然たる野生のメダカとは、云えないのではないかと思います。

私は、2度に渡り、18年ぶりの里帰りと思い、
笠間市北山公園湖メダカを、市商工観光課の特段の計いで、
捕獲させて頂きました。

私は、この里帰りメダカを、笠間市北山公園湖メダカと名付け、
増殖して、お子様方や、メダカ愛好家の方々に、
お譲り出来たらと、考えている所です。
昔のお仲間の方々にも、参加願えたら、
この上ない事です。

これから、日も短くなりますので、
メダカに産卵してもらうのは、難しいかも知れません。
来春、日照時間が長くなり、水温が上がり、
メダカが産卵するのを待ちたいと思います。

捕獲した笠間市北山公園湖メダカ写真と、
北山公園湖で泳いでいるヒメダカの写真を、
貼付して置きたいと思います。



IMG_8232.JPG
'14/08/25 17:10 撮影
捕獲した笠間市北山公園湖メダカ




IMG_8235.JPG
'14/08/25 17:10 撮影
捕獲した笠間市北山公園湖メダカ


IMG_8164.JPG
'14/08/23 15:34 撮影
笠間市北山公園湖メダカお仲間と元気に泳ぐヒメダカ。


IMG_8229.JPG
'14/08/25 13:55 撮影
笠間市北山公園湖メダカの捕獲に、
オレンジ色のミを貸してくださった、国土改造業者様の
凛々しいお姿。




’14年8月26日午前8時17分記す。


<追記>
’14年8月29日12時43分、クロメダカを、
写真に収めることが出来ました。
クロメダカは、ヒメダカの持っている赤の遺伝子が、
欠落したものです。
一方、ヒメダカは、黒の遺伝子が、
欠落したものです。
野生型のメダカは、黒と赤の遺伝子を、
両方とも持ったメダカです。

IMG_8306.JPG
'14/08/29 12:43 撮影
クロメダカの泳ぐ姿です。



’14年8月29日15時39分記す。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かぼちゃの花と理科のお勉強! [我が家の自然]

JA鹿児島農業祭に、娘が(私の)孫たちを連れて、
見学に行ったそうです。
田舎育ちの娘は、ナスの花もキュウリの花も、
カボチャの花も、皆知っていたとの事です。
至極、当たり前の事です。

都会育ちのムコ殿は、娘に向かって、「博識だな~!」と、
本気で、驚いていたそうです。

又、娘の所に、勉強を教わりに来ている、
中一の女の子は、理科の試験で、
アヤメの葉脈が、並行脈だと云う事を、
知らないばかりでなく、アヤメもショウブも見た事がないと云う事に、
衝撃を受けたそうです。

そこで、今日は、かぼちゃの雌花、雄花、それにカボチャの、
幼果の写真などを、貼ってみたいと思います。



IMG_7089.JPG
'14/08/02 撮影

カボチャの実を付けた開花した雌花です。




IMG_7090.JPG

カボチャの雌花の雌しべ(中心部)です。




IMG_7073.JPG

開花前の雌花の蕾(つぼみ)です。昨日8月1日撮影。
上記の写真と同じものです。




IMG_7074.JPG

開花後の雌花の写真です。7月31日開花したものです。
既に受粉して、花はしぼんでおります。



IMG_7075.JPG

開花したカボチャの雄花




IMG_7092.JPG

かぼちゃの雄花の中心部が、雄しべです。
カボチャのお花の雄しべです。



IMG_7072.JPG

数日前に、受粉を終え、結実したカボチャの幼果です。




IMG_7078.JPG

成長力の旺盛な、カボチャの蔓の先端です。




庭に捨てた種から出た、カボチャの観察でした。

8月に入り、気温も太陽光線も強く、
カボチャの生長も旺盛です。



8月2日に咲いた雌花は、
結実しなかったようです。
カボチャの実になる子房が、
6日には、落ちてしまいました。

IMG_7428.JPG
子房の部分の落ちた、カボチャ。



受粉に成功しなかった、カボチャの雌花です。
やがて、上の写真のように、軸だけ残して、
実となる部分と花は、落ちて行きます。

IMG_7432.JPG
受粉に失敗したカボチャの雌花。
(開花3日目)




上記のカボチャの幼果も、ソフトボール大に成長しました。
このカボチャには、2個ほど実がなっています。
新たな結実は、ないようです。

IMG_7431.JPG


'14/08/08 17:17 記す。



かぼちゃの収穫時期の目安は、かぼちゃにつながるつるの部分が、
コルク状になった頃と言われています。
上から7番目の写真のかぼちゃの実の今朝の状態です。
そろそろ収穫時期が近いと思います。
かぼちゃのなり花の写真を撮り、
受粉日は、メモしておいたのですが、
残念ながら、受精せず、実が落ちてしまいました。
そこで、受粉日から、収穫まで、約40~50日と云われているのですが、
受粉日がわからないので、生るり蔓の状態を見ました。

IMG_7850.JPG
'14/08/16 06:59 撮影
かぼちゃにつながるつるの部分が、コルク状になった実。



IMG_7852.JPG
'14/08/16 06:59 撮影
かぼちゃにつながるつるの部分が、コルク状になったもう一つの実。


IMG_7854.JPG
'14/08/16 06:59 撮影
コルク状になった、かぼちゃの実につながるつるの部分。


以上、'14/08/16 09:33 記す。




’14年8月29日、いよいよカボチャの収穫です。
午前9時過ぎに写真を撮り、午後から収穫して見ました。
8月16日に、収穫可能になりましたが、
追熟するように、13日ほど、蔓に付けて置きました。
上から7番目の写真のカボチャの幼果の今朝の姿です。


IMG_8286.JPG
'14/08/29 09:08 撮影




もう一つのカボチャです。
合計2個のカボチャを成らせました。

IMG_8288.JPG
'14/08/29 09:08 撮影


カボチャのお尻の部分というと分かりやすいと思いますが、
花の付いていた部分です。
花が開いている時は、こちらが上になっております。

IMG_8290.JPG
'14/08/29 09:08 撮影
カボチャのお尻の部分。



午後の1時半過ぎ、いよいよカボチャを収穫しました。

IMG_8350.JPG
'14/08/29 13:40 撮影
収穫した2つのカボチャ。



熟し具合を見るため、カボチャを、
半割きにして見ました。
よく熟れていると思います。
実際に食べるのは、もう少し、
熟させたほうが、美味しいと思います。

IMG_8353.JPG
'14/08/29 13:45 撮影
'14/08/29 13:40 撮影
半割きにしたカボチャ。







IMG_8356.JPG
'14/08/29 13:46 撮影
半割きにしたカボチャのアップです。


これで、カボチャの観察は、終わりますが、
種取りをして、庭に種を、適当に蒔いておけば、
また収穫が出来ると云う事です。

一つ惜しかったのは、カボチャの受粉から、
一貫して、収穫まで、観察出来なかった事です。
でも、私自身、いい勉強になりました。



’14年8月29日記す。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ムジナモの栽培法 その配送法! [ムジナモ]

IMG_8078.JPG



昨年10月19日(’13年)、羽生市ムジナモ保存会の
保存会議でお会いした、埼玉県富士見市のお方が、
今年7月19日(’14年)の会議では、
ムジナモが全滅してしまったとお聞きしました。

私は、宝蔵寺沼に放流するための持っていった、
50芽程のムジナモを、お渡ししてあげました。

1ヶ月後の8月19日に電話しました所、
残っているにはいるが、全く増えていないと云う事でした。
それでは、100芽程、お送りしましょうと云う事になりました。

氏の山野草のお仲間の方も、ムジナモ栽培に、
大いに関心が、お有りだと云う事ですので、
少し多めにお送りしました。

初心者が、ムジナモを栽培するにあたって、
私の経験から、水槽5箱、その各々に、
5芽づつ、合計25芽のムジナモが、必要であるとも、
電話でお話しておきました。


ムジナモの配送法!

それでは、本論のムジナモの配送法に移らせて頂きます。
まず用意するものは、ムジナモの芽
次に、乾燥ミズゴケ
それに、ジッパー付きビニール袋
参考までに、商品名、ストックバックを使用しました。
それに、レターパックライト、360円。
JP、郵便局でお買い求め出来ます。


先ず、ムジナモ送付分100芽を、バケツに用意します。

IMG_8063.JPG
バケツに用意した100芽のムジナモ。


次に、乾燥ミズゴケを用意して、
ボールなどにあけて、ほぐします。
乾燥ミズゴケ DIYで求めることが出来ます。
このミズゴケは、消費税抜き475円です。

IMG_8068.JPG
パックして、販売されている乾燥ミズゴケ。






乾燥ミズゴケを、ホーロー引きのボールに広げます。

IMG_8072.JPG
広げた乾燥ミズゴケ。




それから、水道水(井戸水)を入れて、
乾燥ミズゴケに、充分水を吸わせます。

IMG_8074.JPG
充分ミズゴケに水を含ませます。


IMG_8078.JPG
ビニール袋に入る、型紙の台紙の上に、
ムジナモの芽を乗せます。
そのムジナモの芽の上に、充分ムジナモを覆うように、
ミズゴケを被せます。



IMG_8081.JPG
ビニール袋に入れたムジナモ。



この、ビニール袋に入れたムジナモを、
レターパックライトに入れて、
送ります。

このムジナモの芽は、翌日正午過ぎ、
無事着いたというお電話がありました。
これで、ムジナモのお仲間が、お一人、
ほぼ確実に増えたと云う事です。

水槽に、稲を植え、ムジナモを放流し、
ミジンコを入れ、散水してあげれば、
稲作文明の初期段階の弥生時代の、
水田の想像図が、小さな発泡スチロールの箱の中に、
実現しようというものです。
もちろん、野生のメダカ、通称クロメダカを是非、
一緒に飼いたいものです。
メダカは、稲作とともに、常に、
人間の傍らに居て、生活を共にして来た大切な生き物です。








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ムジナモの栽培法! [ムジナモ]

ムジナモの栽培法!




国指定の天然記念物 羽生市宝蔵寺沼ムジナモ自生地に、
放流しているムジナモの栽培法を、
問われる事が、時々あります。
私のムジナモ栽培法を、時々刻々、
記事にして見たいと思います。

ムジナモに関心のおありの方の参考になればと思います。

昨日、’14年7月19日、羽生市ムジナモ保存会の
保存会議並びに放流会に出席して来ました。

その際、会員で、栽培に成功していない方から、
栽培法を問われ、ムジナモ50株ほど、
お分けして来ました。

我が家のムジナモ栽培場所は、
前庭の西側の通路の一角に、
栽培用水槽を、数個並べて置いております。
自宅の東側には、やはり、数個の水槽を置いております。
参考までに、西側の通路の写真を添えて置きます。
通路西側のブルーの水槽が、アオミドロの発生もなく、
一番生育の良い水槽です。

IMG_7042.JPG
'14/07/30 撮影


ムジナモの現在の生育状況です。
左側の緑の葉は、水槽に植えてある水稲です。
この水稲より、80パーセント位、直射日光を遮る、
椿の枝葉が、あるいは、良い結果をもたらしているのかも知れません。

IMG_7044.JPG
'14/07/30 撮影


それでは本論に入りたいと思います。

ムジナモを、栽培するには、何よりも、
繊細なムジナモが、生育出来る水作りが、
第一と思います。

私は、最低5個程度の、水を作るのが肝要と思います。
それぞれの水槽で、微妙に、
水質が異なり、上手く成長するものと、
またたく間に、消失してしまう水槽があります。
それらを上手く、使い分ける必要があると思います。



先ず水槽の用意です。
経費を安く抑えるために、発泡スチロールの、
リンゴの箱を、スーパーなどで、手に入れます。
縦40センチX横50センチX深さ20センチ程のものを用意します。

IMG_6891.JPG
'14/07/20 08:17 撮影
用意するスチロールの箱。





落ち葉などの腐葉土を、スコップ2杯程を、
箱に入れます。
5センチ程になります。

IMG_6893.JPG
'14/07/20 08:20 撮影
落ち葉などを5センチ程に入れた状態。







その上に、やはりスコップ2杯程の、
畑などの土を入れます。
これで、10センチほどの深さになります。

IMG_6898.JPG
'14/07/20 08:24 撮影
土を入れて、深さ10センチほどになった状態。





そこに、井戸水か、カルキ臭を抜いた水道水を、
いっぱいに入れます。
水は、泥で濁りますけど、1~2日経てば、
自然に澄んで、透明になり、底の土が見えるようになります。
(’14年7月20日午前8時30分)

IMG_6900.JPG
'14/07/20 08:27 撮影
濁った水槽の状態。


出来れば、バケツあるいは、ボールなどに、
貯めおいた、緑がかった水を、水槽に注ぎ込めれば、
理想的です。

IMG_6901.JPG
'14/07/20 08:28 撮影
雨水を貯めておいたボール。




丸一日(24時間)経った水槽の状態。
水の底が、見えるようになりました。
IMG_6904.JPG
'14/07/21 08:23 撮影





丸二日(48時間)経った水槽の状態。
完全ではありませんが、一日前より、
透明度が増したように見えます。

IMG_6921.JPG
'14/07/22 08:33 撮影




もう一日待って見たい所ですが、思い切って、
イヌタヌキモを、入れて見ました。
イヌタヌキモは、ムジナモより、水質に敏感ではありませんので、
水質を見るために、いつもムジナモに先行して、
入れております。

IMG_6926.JPG
'14/07/22 08:35 撮影
イヌタヌキモを入れた状態。
明日は、イヌタヌキモの状態を見て、
ムジナモを、いよいよ入れて見たいと思います。




水づくり3日目(7月23日)
水槽に、4芽のムジナモを、放流して見ました。
上手く、生育して欲しいものです。

IMG_6989.JPG
'14/07/23 08:57 撮影
稲も植えた水槽に、放流されたムジナモ(4芽)


どのように生育して行くか、楽しみです。
予備に、もう一箱の水槽を、一日遅れで、
作っております。
生育の具合を見て、いろいろ試行錯誤をして行きたいと思います。





’14年7月25日、6日目の水槽の状態です。
梅雨前線が、通り過ぎたためだろうか、
今日の天気は、かなり気温が上がって来ています。
ムジナモ放流3日目のムジナモは、
水底にくっきり影を落として、元気に、
光合成をしているようです。
新しい芽がいつ現れるのか、気になる所です。

IMG_7002.JPG
'14/07/25 09:49 撮影


それに、いつ水質が変わるのかも、
気になります。

10日ほどで、前の水槽は、
水質が変わり、アオミドロが大量に発生し、
危うく、ムジナモもイヌタヌキモも、消失する所でした。




ムジナモを放流して、今日で9日目。
昨日あたりから、予想通りアオミドロが、
ムジナモの根元の方から、半分位の所まで、
発生し始めました。

ムジナモの芽は、4芽から7芽に増えました。

IMG_7023.JPG
'14/07/29 14:50 撮影



アオミドロを、消滅させるため、私の経験則から、
アジサイの花がらを、入れて見ました。
これで、アオミドロが消えればしめたものです。

IMG_7026.JPG 撮影
'14/07/29 16:31 撮影
アジサイの花がらを、水槽に入れた写真です。




月が変わり、8月1日のムジナモは、
その芽を、放流時の4芽から、
9芽に増えておりました。
アオミドロは、幾分少なくなって来たようです。

IMG_7066.JPG
'14/08/01 05:35 撮影
写真では、緑の芽が7つに見えますが、
小さな芽が2つ程、現れています。




7月23日に、ムジナモ4芽を放流したのですが、
今日8月3日、11日目になりましたが、
11芽に増えました。
増殖率は、約3倍弱です。
写真を添付します。

IMG_7127.JPG
'14/08/03 撮影


同じ条件で、一日遅れで、ムジナモ5芽放流した水槽は、
10日目になりますが、ひと芽増えただけです。
如何して、そのようになるのか解れば、
ムジナモ栽培も簡単なのでしょうが・・・・




8月5日午後3時30分のムジナモ水槽の様子です。
3芽分けつしており、15芽となりました。
一つの茎に4芽のムジナモを、試験的に放流したのですが、
今は、分けつして、増えたのが、良く、見比べることが出来ると思います。

IMG_7252.JPG
'14/08/05 15:30 撮影




この観察中、イトトンボが、隣の水槽に来て、
じっと止まっておりました。

IMG_7236.JPG
'14/08/05 09:16 撮影




観察しているのですが、最近、ムジナモの増殖の速度が、
落ち、ムジナモもやせ細って来たように見受けます。
水草の量と、水槽の表面積と何か関係があるのではと思い、
増殖著しいイヌタヌキモを、他の水槽に移して見ました。
ムジナモ単独の栽培に、今日8月7日朝、切り替えて見ました。

IMG_7329.JPG
'14/08/07 05:49 撮影


ビニールハウス栽培の野菜が、ハウス内の二酸化炭素の量が、
不足すると、成長が阻害されると云う事を、
農業関係の書物で、読んだことを記憶しております。
呼気を、水槽内に吹き込んで、反応を見てみたいと思います。





8月10日は、午前5時から6時にかけては、
強雨でした。
大粒の雨の跡が、クレーターのように、
同心円の輪を描いております。
若干やせ細っていたムジナモも、
弱酸性の雨のせいか、生き生きとしております。


IMG_7495.JPG
'14/08/10 05:50 撮影


雨が上がってのムジナモは、
頂芽のミドリを鮮やかに、
そして、ふくらみを増しております。

7月20日に水槽の準備に入り、
7月23日に、ムジナモ4芽を放流したのですが、
18日経過して、20芽(5倍)に増えました。
後、10日ちょっと過ぎれば、ムジナモの管理も、
楽になると思います。

この水槽より、1日遅れに作った水槽のムジナモも、
2~3日前から、元気を出してくれました。
最初の5芽が、10芽に増えております。
並行して、観察して行きたいと思っております。


IMG_7505.JPG
'14/08/10 08:18 撮影



ムジナモを栽培して、ミニ水辺を観察していると、
水辺を好む生き物の面白い生態に、
お目にかかれます。
7月7日の朝は、水槽に植えた菖蒲(花ショウブではありません)に、
ニホンアマガエルが、止まっておりました。

IMG_7328.JPG
'14/08/07 05:48 撮影

<追記>8月10日午前9時47分記す。



8月11日夜、月を見ながら、ムジナモの水槽に行くと、
今夜も珍客が、ちょこんと、スチロールの箱の淵に、
座っておりました。
じっとしていて、水面を眺めているのか、
動こうともしません。
数日前から、姿を見せるようになったのですが、
これは、ニホンアマガエルではなく、
シュレーゲルアオガエルです。
モリアオガエルの姉妹種といわれるカエルです。

IMG_7592.JPG
'14/08/11 20:26 撮影

大きく見てください。

IMG_7594.JPG
'14/08/11 20:26 撮影


8月12日朝、ムジナモ水槽を見て、
芽数を数えて見ると、最初4芽だったのが、
25芽の増えておりました。
イヌタヌキモを、他の水槽に移し、
ムジナモの芽に余裕を持たせたためか、
帽子(芽の先端部分)と捕虫器が、大きくなって来ました。
良い傾向と思います。

IMG_7628.JPG
'14/08/11 05:16 撮影

<追記>8月11日午前9時47分記す。




ムジナモの栽培法を記録し始めて、
今日、8月15日で、27日になりました。
水槽の水の状態も安定し始めたようです。
ムジナモの芽も、4芽から31芽にまで増殖しました。
あと5日ほどで、一ヶ月になろうとしております。
それまで、観察記録を、取っていけば、
今後に、いろいろ参考になろうかと思います。

IMG_7802.JPG
'14/08/15 06:30 撮影


<追記>8月15日午前6時50分記す。



月が、なかなか出ませんでした。
2日ほど、出ましたので、写真を載せておきます。

IMG_7946.JPG
'14/08/19 01:24 撮影


実験ムジナモ水槽に、油膜が現れ始めました。
水質は良好と思われていたのですが、
自然は、私の想像をいつも超えております。


IMG_7969.JPG
'14/08/19 08:20 撮影
写真下部に現れた、薄い油膜。





実験ムジナモ水槽に現れた、小さな油膜。
左下に見えます。
右上には、菖蒲(サトイモ科)、中央上部には、
水稲が植えてあります。

IMG_7970.JPG
'14/08/19 08:20 撮影
実験ムジナモ水槽の全体像。




IMG_7985.JPG
'14/08/20 02:29 撮影


’14年7月20日に、発泡スチロールの箱を用意し、
水を張って、ムジナモの栽培法の記録を始まって、
今日、’14年8月20日で、ちょうど1ヶ月目です。
水を張って3日目に、ムジナモ4芽を放流したのですが、
今朝は、49芽に、増えておりました。

ムジナモの水槽には、若干油膜が、
2~3日前から、出始めております。
これは、水道水での曝気で、解決できると思います。

アオミドロの発生も、中頃ありました。
紫陽花の花がらを入れたり、ツツジの下の、
弱酸性土を入れたりと、試みて見ましたが、
自然は、良くしたもので、微生物の働きなどで、
ムジナモにとってのみでなく、
良好な水質が得られるような気がして来ました。

これからは、このムジナモ水槽を、見守りながら、
冬芽の形成まで、記録を取って行く予定です。

IMG_7989.JPG
'14/08/20 05:35 撮影
ムジナモの芽が49まで増殖した、ムジナモ実験水槽。
稲が、緑と黄緑に見えるのは、朝日の光線の加減です。

<追記>8月20日午前6時28分記す。





<追記>
’14年7月25日午前6時30分観察。
’14年7月15日に水を張った水槽(イヌタヌキモ)が、
今朝は、水が黒ずみ、透明度が、すこぶる低下しました。
一掴みの半腐葉土を、水槽に入れて、経過を観察しようと思います。




イヌタヌキモの花が、今朝7月23日咲きました。
添付して見ます。
IMG_6982.JPG
イヌタヌキモの花




参考までに、7月15日に作った水槽の、
4日目(19日)のムジナモ(左)とイヌタヌキモ(右)の状態です。

IMG_6876.JPG


ここからは、次回説明いたしましょう!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

自然科学学習の宝庫 笠間市北山公園湖! [メダカ]

北山公園湖を、メダカを観察の主眼に、
ほぼ一周して見ました。
あまり人もおらず、お子様のおられる方には、
メダカを初めとした、動植物が、身近に見られ、
科学する心を、子供さん方に、
自然に身に付く、学習体得型の、
山と水の公園と思います。

私の好きな公園の一つです。

一回り写真で、案内してみたいと思います。



IMG_7917.JPG
'14/08/18 11:38 撮影
北山公園湖入口と標識。




IMG_7120.JPG
'14/08/02 12:22 撮影
北山公園湖に降りるなだら坂!



IMG_7109.JPG
'14/08/02 12:04 撮影
なだら坂で出会ったチワワと飼い主からお聞きした、
愛くるしい犬。




IMG_7892.JPG
'14/08/18 11:14 撮影
北山公園湖全景。




IMG_7898.JPG
'14/08/18 11:18 撮影
ヒツジグサ(すいれん)



IMG_7897.JPG
'14/08/18 11:17 撮影
人懐こい緋鯉(ヒゴイ)。




IMG_7899.JPG
'14/08/18 11:18 撮影
蓮の花、まだ開きかけの蕾かな?




IMG_7900.JPG
'14/08/18 11:19 撮影
濃いピンクのスイレン


IMG_7901.JPG
'14/08/18 11:19 撮影
薄ピンクのスイレン


IMG_7902.JPG
'14/08/18 11:21 撮影
保護色のドジョウを見つけるのも、
公園散歩の楽しみか。


IMG_7111.JPG
'14/08/02 12:13 撮影
写真では、見分けにくいメダカの群れ。





IMG_7904.JPG
'14/08/18 11:22 撮影
メダカの群れる、上流のショウブ田と八ツ橋。
マムシにご注意あれ!





IMG_7905.JPG



IMG_7908.JPG





IMG_7909.JPG
八つ橋



IMG_7910.JPG
古代米圃場





IMG_7911.JPG
八ツ橋から、古代米圃場を見る。




IMG_7912.JPG
古代米圃場を望見。


IMG_7913.JPG
一見、シオカラトンボに見える、シオヤトンボ。
シオカラよりは少し小さく、ずんぐりとしております。
シオカラは平地にもたくさんいるのですが、
シオヤトンボは丘陵地や低山地などに生息しております。
トンボ科の中では、春一番に出現する個体です。




IMG_7914.JPG
北山湖の一番上流の水源。




IMG_7915.JPG
ミズバショウの水田。
ちょっと、ここには合わないかな?






IMG_7916.JPG
野生のキキョウか、花の時期が、栽培種より、
遅いようです。










nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アジアイトトンボか! [ムジナモ]

IMG_7930.JPG
'14/08/18 12:34 撮影


朝一番のムジナモの水槽観察に回ると、
アオミドロもなく、水槽の透明度の高い、
水槽の稲の葉から、弱々しく、
陽炎のような飛び方の、本当に小さな、
イトトンボが、飛び立ちます。

カメラに収めようとしても、マクロでも、
うまく撮れません。
やっと撮れた写真が、上の稲の葉に止まった、
そのトンボです。






IMG_7950.JPG
'14/08/19 01:25 撮影

昨夜、8月18日は、何故か、夜の8時過ぎに眠りについてしまいました。
19日。午前1時過ぎに目を覚まし、夜空が明るいので、
月を見に外に出て見ました。
雲の変わり方が激しくて、思うように、
月の写真が撮れないので、この時とばかり、
何枚か撮りました。





IMG_7959.JPG
'14/08/19 04:26 撮影

寝すぎと思い、朝の4時半少し前に、目覚めて起きて、
ムジナモの水槽を見て回ると、
アジアイトトンボのヤゴが、水中から上がり、
ブクブクのホースにじっと止まっておりました。





IMG_7961.JPG
'14/08/19 05:35 撮影


再び、気分転換に、庭に下り、ムジナモの水槽のヤゴを見ると、
発泡スチロールの箱の壁に移っていました。
ヤゴのサイズを図ろうと、定規を比較に置いて、
写真に収めて見ました。
日本一小さなトンボということなのですが、
ヤゴは、正しく小さいです。
2センチ程でしょうか。





IMG_7973.JPG
'14/08/19 10:26 撮影

10時過ぎに、ムジナモの水槽を回った時、
弱々しげに飛び立つ、イトトンボを見つけたので、
2匹ほど捕まえて、虫かごに入れ、
部屋に持ち帰り、大きさと、文様確認のため、
写真に収めて見ました。

マクロで撮っても、カメラのせいか、
うまく撮れません。






IMG_7974.JPG
'14/08/19 10:26 撮影

手に止まらせても、撮って見ました。
気の毒なほど、弱々しげです。



IMG_7963.JPG
'14/08/19 06:02 撮影
ムジナモに、集る(たかる)アジアイトトンボのヤゴ。


アジアイトトンボの食性は、何なのだろうか?
ミジンコなどの甲殻類なのだろうか、
それとも、アオミドロなどの、緑藻類なのだろうか?

確かに、この水槽には、アオミドロをはじめとした、
緑藻類が見当たらず、それらのびっしり付いた、
ムジナモを入れても、数日で、綺麗に無くなっています。

自然界は、私の想像を超えて、不思議な世界です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

18年ぶり メダカの里帰り ! [メダカ]

IMG_7892.JPG
'14/08/18 11:14 撮影
野性化されて、18年目のメダカの生息する、
北山公園湖の全景です。



1996年9月28日、メダカ同好の士20名ほどで、
友部を流れて、涸沼川南川又橋の付け根で合流する、
枝折川で採集した数匹の種メダカを元に、
3年ほど掛けて、増殖して、1000匹近く、
放流して、18年。
笠間市商工観光課の方の、特別の計いで、
本日、’14年8月19日((火))、
そのメダカ14匹ほど、里帰りをさせる事が出来ました。

放流時、家畜化されたメダカは、その動きは、とても鈍重でした。
それから、野性化されて、18年。
その動きは、余りにも素早く、流石の私も、
30匹ほど、容易く捕獲出来ると、踏んでいたのですが、
15匹程、捕獲するのが、精一杯でした。

IMG_7115.JPG
'14/08/03 12:14 撮影
動かないと、土の色に同化して、見分けにくい、
野性化されたメダカ。



IMG_7117.JPG
'14/08/03 12:13 撮影
無数に、メダカの影が、泳いでいます。



野生の蒙古野馬が、ゴビ砂漠で、一旦絶滅しと云われておりました。
それを、世界各地の動物園で、飼われていた、蒙古野馬を、
再野生化するという遠大な計画が、今、
ゴビ砂漠で、試みられております。
数十頭の蒙古野馬の群れは、今では、野生を取り戻し、
その動作は、機敏で、獰猛だと言われております。

翻って、野性化されたメダカに話を戻すと、
一旦、水槽で飼われて、野生を失ったと思われていた、
枝折川の野メダカも、18年間も、野生に置かれていると、
蒙古野馬同様、野生の機敏さと、防衛本能は、
私を、てんてこ舞いさせた程です。

ミナミメダカの学名である Oryzias latipes は、
『稲の周りにいる足(ヒレ)の広い』という意味だそうです。
これからは、稲とムジナモとメダカの共存を、
我が家の水槽で、見て行きたいと思います。


IMG_7983.JPG
'14/08/19 14:29 撮影
学名の由来のごとく、稲の中の水槽で、
メダカを飼い、観察を楽しみたいと思います。

IMG_7980.JPG
'14/08/19 14:29 撮影
稲とムジナモの中を泳ぐ、
里帰りしたメダカ。



又、出来れば、18年間も、閉鎖された空間で、
生きて来たメダカの、遺伝子も、
見てみたいものです。
1年間に、2世代進むとして、単純計算して、
18年間、36世代下るという事は、
人間と比較してみると、人間の1代を30年と考えると、
30X36=1080(年)という計算になります。
西暦1,000年の我々先祖が、今に生きているのと同じくらいの、
遺伝的変化があるのではないでしょうか?

ちょっと、類推が、大胆過ぎるかも知れませんが、
考えようによっては、面白いと思います。


最後に、里帰りしたメダカの様子。
北山公園湖では、精悍で素早く、
野生そのものでしたが、観察用ボールに入れて、
良く見ると、若干栄養不足のように見えます。
湖水面積に比べて、メダカの数が多すぎる、
つまり、過密であると云えるのかも知れません。
(これは、あくまで、私見ですが!)

IMG_7978.JPG
'14/08/19 14:27 撮影
観察用ボールの中のメダカ。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シュレーゲルアオガエル [我が家の自然]

IMG_7404.JPG
'14/08/07 21:56 撮影
大型の緑一色の、シュレーゲルアオガエルのメスです。




上の写真の、いやに大きなアオガエルが、じっと、
ムジナモの水槽の淵に、座っておりました。
あっ、シレーゲルアオガエルだと思い、写真に撮っておきました。
(’14年)8月7日の夜の11時近くでした。
驚く程じっとしていて、写真を撮っている間中、
動きませんでした。

ニホンアマガエルは、よく見かけるのですが、
シレーゲルアオガエルは、今年初めてでした。
この大きなシレーゲルアオガエルは、メスです。
こうなると、シレーゲルアオガエルのオスを、
見たくなってしまいました。

ムジナモの巡回時には、カエルの姿を、気をつけて見るようにしていたのですが、
8日振りに、鼻筋から目、耳にかけて褐色の線のない、緑一色の、
メスと比べて、ずっと小振りの、オスのシレーゲルアオガエルを見つけました。
カメラのシャッターを、何度も押したのですが、
物に動じないのか、全く動きませんでした。
シュレーゲルアオガエルと、ニホンアマガエルの姿を見比べて、
確認されると、よくお分かりいただけると思います。


IMG_7842.JPG
'14/08/15 20:40 撮影
写真のカエルは、鼻筋から目、耳にかけて褐色の線がないので、
シュレーゲルアオガエルということが分かります。



IMG_7848.JPG
'14/08/16 03:46 撮影
写真のカエルは、鼻筋から目、耳にかけて褐色の線があります ので、
ニホンアマガエルです。




オスのシレーゲルアオガエルの大きさは、ほとんど、
このニホンアマガエルの大きさと変わらないので、
ニホンアマガエルの写真と見比べられるように、
撮って見ました。
これではっきりと違いが、解るというものです。



【一口メモ:Wikipediaより】

体長はオスが32-43mm、メスが43-53mmほどで、メスの方が大きい。
オスは咽頭下に単一の鳴嚢をもち、これを膨らませて鳴く[3]。

体色は腹側は白く背中側は緑色をしているが、保護色で褐色を帯びることもある。
虹彩は黄色。
指の間には水かきが発達する。

外見はモリアオガエルの無斑型に似ているが、やや小型で、虹彩が黄色いことで区別できる。
また、ニホンアマガエルにも似ているが、より大型になること、
鼻筋から目、耳にかけて褐色の線がないこと、
褐色になってもまだら模様が出ないことなどで区別できる。








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

簡便ムジナモ栽培にトライ! [ムジナモ]

今日は、’14年8月3日、日曜日です。
ムジナモ栽培に、成功されない方が、
多々居られるようです。
持ち運びに便利で、場所を取らず、
安易に栽培水槽が出来ると云う観点から、
2Lのペットボトルを用いたムジナモ栽培を、
試みようと思います。

先ず用意するもの。
2Lの空きペットボトル、3本以上。
赤玉土、鹿沼土、黒土。
(どれか一種類でも可)


私の用意した2Lのペットボトル、9本

IMG_7149.JPG
'14/08/03 11:40 撮影




写真のように、上部を、カッターナイフで、
切り取って、赤玉土を、園芸用シャベルで、
ふたすくいほど入れます。

IMG_7130.JPG
'14/08/03 09:09 撮影
赤玉土を入れた状態。





先ず、真水を入れます。
私は、井戸水(地下水)を入れました。
上水道水の場合は、汲み置きして、
カルキ臭の抜けたものが良いと思います。
あるいは、天水が良いでしょう。

IMG_7132.JPG
'14/08/03 09:14 撮影


ここに、ムジナモの生育の良い水槽の水を、
すくって、入れるとベターと思います。
ボールで救った水。
(初めての方は、入れなくとも良いと思います。)

IMG_7134.JPG
'14/08/03 09:14 撮影


赤玉土、鹿沼土、畑の土を、それぞれに同じようにして、
ムジナモ栽培用の水槽を作って見ました。 
赤玉土は、即沈みました。
鹿沼土と畑土は、水の表面に、
しばらく、浮いております。

IMG_7145.JPG
'14/08/03 10:01 撮影


3~4日程、水が安定して、澄むまで、
そのままにして置きます。
時々散水してあげられれば、申し分ないと思われます。

水槽の状態を見ながら、追記して行きたいと思います。
関心のおありの方は、是非 お付き合い下さい。



’14年8月3日の月です。

IMG_7155.JPG
'14/08/03 20:23 撮影


8月4日朝5時半、一夜明けて、
簡易ムジナモ栽培器は、鹿沼土と畑土も、
水底に綺麗に沈みました。
このようにして、3昼夜、72時間も過ぎると、
濁りも消え、ムジナモを放流出来るようになるでしょう。

IMG_7158.JPG
'14/08/04 05:30 撮影



8月4日の月です。
夜の見回わると、雲一つない空に、
ぽっかり浮いている月も風情があります。

IMG_7189.JPG
'14/08/04 19:11 撮影




8月5日、ペットボトルを準備して、2昼夜、48時間が経過しましたので、
水の状態を、調べるのに、イヌタヌキモを、放流して見ました。

IMG_7241.JPG
'14/08/05 15:30 撮影




畑土を用いたペットボトルに放流した、
イヌタヌキモの様子です。

IMG_7244.JPG
'14/08/05 15:30 撮影
イヌタヌキモの様子。
 


これで24時間観察して、イヌタヌキモが、元気であれば、
いよいよムジナモを、各ペットボトルに、放流して行きます。



5日の夜7時頃、ムジナモの水槽を見回りに行くと、
旧暦7月10日の月が、南の中天に浮いておりました。
あすのムジナモ放流が楽しみです。

IMG_7264.JPG
'14/08/05 19:00 撮影
旧暦7月10日の月。





8月5日に試験的に放流した、イヌタヌキモノの、
生育が順調のようです。

IMG_7276.JPG
'14/08/06 10:00 撮影




いよいよ待ちに待った、放流の時が来ました。
8月6日、午後15時30分、ムジナモを放流しました。

IMG_7305.JPG
'14/08/06 15:30 撮影



畑土のペットボトルの水槽に、ムジナモ(左上)を放流したところです。
ムジナモの先端部分を残して黒く見えるのは、
ムジナモの天敵、アオミドロが付着している所です。
ムジナモの成長と、アオミドロの消長が、
観察の見所と思います。

IMG_7298.JPG
'14/08/06 15:30 撮影



夕方6時のころに、月は、真南より、ちょっと東寄りの空に、
もう浮かんでおりました。
西空には、まだ太陽が輝いており、
暑さは、相当なものでした。

IMG_7311.JPG
'14/08/06 17:55 撮影



夜の9時前、正確には、夜に8時45分頃、
ムジナモの見回りに出ると、旧7月11日の月が、
雲一つない夜空に輝いており、
懐中電灯もいらず、庭の木々なども、よく見えました。

IMG_7316.JPG
'14/08/06 20:45 撮影


8月7日、朝6時前のムジナモは、
昨日のゴミなども、水底に沈んだのか、
見た目もきれいになりました。

ムジナモの周辺の水辺の植物サギソウも、
今朝は、3輪咲いており、風情を添えてくれました。

IMG_7330.JPG
'14/08/07 05:50 撮影



ペットボトルのムジナモの全景です。

IMG_7331.JPG
'14/08/07 05:50 撮影



畑土のペットボトルの様子。

IMG_7332.JPG
'14/08/07 05:51 撮影




赤玉土のペットボトルの様子。

IMG_7334.JPG
'14/08/07 05:51 撮影




鹿沼土のペットボトルの様子。

IMG_7333.JPG
'14/08/07 05:51 撮影



水面の表面積が小さいので、
ムジナモとイヌタヌキモが、増えた場合、
イヌタヌキモを、他の水槽に移動する選択肢を、
残しておく必要があろうかと思われます。



8月7日の空模様は、雲が出て来て、
果たして、今夜の月が見られるかどうか、
分からないので、
夕方5時半前の月を、写真に撮っておきました。

IMG_7375.JPG
'14/08/07 17:28 撮影


この写真を撮ると、次の写真からは、
雲がかかり始めました。
この時、午後7時21分でした。
 
IMG_7378.JPG
'14/08/07 19:21 撮影




夜9時10分ほど前に、観察に庭に出ると、
ちょうど、真南の空に、月が、
雲間が暮れに、出ておりました。
3枚ほど、写真を撮っている間に、
月は、雲間に隠れてしまいました。

IMG_7391.JPG
'14/08/07 20:52 撮影




明けて、8月8日の朝5時40分過ぎのムジナモは、
元気にしておりました。

IMG_7421.JPG
'14/08/08 05:47 撮影



ムジナモが、イヌタヌキモ同様元気でしたので、
イヌタヌキモを、違う水槽に移し替えて、
ムジナモ単独のペットボトル水槽に切り替えました。

IMG_7422.JPG
'14/08/08 05:49 撮影



ムジナモの様子を、アップで撮って見ました。
見た目には、鹿沼土が、良いようです。
栽培に最適か如何かは、
これからの経過次第と思います。

IMG_7423.JPG
'14/08/08 05:49 撮影

'14/08/08 16:56 記す。




8月8日は、小雨交じりの曇り空でしたので、
月は見えないかと思っておりました。
所が、夜9時過ぎに庭に下りて見ると、
雲間に月が出ているではありませんか。

月の見えたのは、ホンの分ほどでした。
雲間の月です。
IMG_7463.JPG
'14/08/08 21:08 撮影



腐葉土(落ち葉)と、真水(井戸水・地下水)のペットボトルの水槽を、
新たに作って見ました。
都合、3X5=15(個)の水槽が、出来ました。

IMG_7447.JPG
5種類の水のペットボトルの水槽です。



ムジナモは、異常なく順調に育っているようです。
ムジナモ放流時には、ちょっとアオミドロがついておりましたが、
徐々になくなりつつあります。

以上、'14/08/09 10:24 記す。




8月9日は、月見には、生憎の雨。
月は出ませんでした。
弱酸性の水を好むムジナモにとっては、
昨夜来から、今朝までの雨は、慈雨だったでしょう。
ペットボトルの水槽も、落ち葉と真水の水槽が増えました。
まだムジナモは、放流しておりません。

ムジナモ単独になった水槽のムジナモは、
まだ、分芽はしておりませんが、
アオミドロもほとんど消え、健康そのものと思います。

IMG_7497.JPG
'14/08/10 05:51 撮影


以上、'14/08/10 10:07 記す。






10月10日夜は、スーパームーンとの事。
台風の余波で、果たして今夜は、月が見えるのかと心配しながら、
空を覗いておりました。
果たして、22時59分頃、1分~2分だけ、月が顔を出してくれました。
チャンスは、逃してはならないと思い、
何枚か、矢継ぎ早にシャッターを押しました。
それがこの写真です。

本当のスーパームーンとは、8月11日午前2時44分から、
同日午前3時09分までだそうです。
偶然その時刻に、目を覚まし、庭に出て、
空を見上げたのですが、雲の流れが早いだけで、
月は、顔を出しませんでした。

IMG_7532.JPG
'14/08/10 22:59 撮影


夜が明けて、8月11日に、簡易ムジナモ栽培器を見ると、
如何したことか、畑土の容器に、アオミドロが、
発生し始めておりました。
鹿沼土と赤玉土の容器は、健全で、アオミドロは、まだ見られません。
それに、ムジナモの分芽は、始まっておりません。

IMG_7542.JPG
'14/08/11 07:05 撮影

以上、'14/08/11 21:05 記す。




8月11日夜、月ののぼり初めは、
月の周りには雲がなく、くっきり月が見えました。
カメラを備えると、間もなく月は、雲間に隠れてしまいました。
すっきり、月が現れたのは、午前0時近くでした。

IMG_7613.JPG

'14/08/11 23:52 撮影



8月12日、朝起きて、ペットボトルの水槽を、
それぞれ覗いて見ると、鹿沼土のペットボトルの一つに、
分芽したムジナモを見つけました。
「しめたっ!」と思いました。

8月3日に、準備を始めて、今朝12日目で、
無事、ムジナモの分芽に漕ぎ着けました。

鹿沼土のペットボトルの水槽は、
初めから、透明度も高く、
見た目もきれいで、観賞用に、
打って付けかも知れません。

IMG_7630.JPG
'14/08/12 05:27 撮影




以上、'14/08/12 07:08 記す。



8月12日夜は、月は、雨模様で、
顔は出してもらえませんでした。
ムジナモも、畑土のペットボトルに、アオミドロが若干現れた位です。

8月13日の夜は、日の変わる直前に、
くっきりと顔を出してくれました。
旧暦の7月18日の月です。
右側は、欠け始めております。

IMG_7735.JPG
'14/08/13 23:53 撮影


明けて、8月14日の朝の、ムジナモ実験場の様子です。

IMG_7738.JPG
'14/08/14 05:38 撮影


畑土のペットボトルに、アオミドロがかなり現れた様子です。

IMG_7739.JPG
'14/08/14 05:39 撮影

勢いの良い、ツツジの下の弱アルカリ性の土を、
補給してあげました。

IMG_7740.JPG
'14/08/14 05:40 撮影
畑土



桐生砂のペットボトルに、ムジナモを放流しました。
又、右手前のペットボトルは、腐葉土を入れた上に、
畑土を入れた、新たな実験用ペットボトルです。
腐葉土4分の1、畑土4分の1を入れて、
ペットボトルに2分の1程にしました。
これが、発泡スチロールの箱で、水づくりをする時の、
標準的な、やり方です。

IMG_7741.JPG
'14/08/14 05:54 撮影


以上、'14/08/14 07:05 記す。


8月14日夜は、生憎と月は、見られませんでした。
物置に眠っていた”軽石砂”で、ペットボトルの水槽も
作りました。
これで、8種類24個の実験用ペットボトルの水槽を、
用意することが出来ました。
実験結果を見て行くのが楽しみです。
左手前の3水槽が、軽石砂の水槽、
右手前の3水槽が、標準的な落ち葉(腐葉土)と畑土の水槽です。
まだムジナモは、放流しておりません。

IMG_7787.JPG
'14/08/15 05:05 撮影



ペットボトルの水槽の様子を見て、
落ち葉(腐葉土)のみの水槽が、具合が良さそうなので、
発泡スチロールの箱でも、同時実験をしております。
8月8日に水槽を作り、8月11日に、2茎5芽のムジナモを放流しましたが、
3日目で、順調に、2芽増えました。

IMG_7798.JPG
'14/08/15 06:30 撮影

以上、'14/08/15 07:25 記す。



nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

桂山 富岡清作 蝸牛(かたつむり)! [彫刻師 桂山 富岡清]

IMG_7767.JPG
桂山 富岡清作 蝸牛(かたつむり)!



富岡桂山作の傑作は、私の知らぬ所に、
眠っているのではと、かねがね思っております。
この蝸牛の彫り物は、今の当主のひいおじいさんが、
娘が、富岡桂山の甥の所に稼した記念に、
依頼したものだそうです。

私の従兄弟、つまり、依頼者の孫様の話によると、
田んぼの中に埋れていた杉の木の、
芯の部分を掘り当て、それに鯉の滝登りを、
彫って欲しいとお願いしたそうです。

所が、富岡桂山曰く、「鯉は滝を登らない!」と。
そう云われて、お任せする事にしたそうです。

しばらくして、蝸牛が、木をよじ登って行く姿を、彫ってくれたそうです。
確かに、雨の日などに、蝸牛が、木の幹を、
よじ登る姿は、私の庭でも、よく見かけます。

一流の彫刻師ともなると、自然をよく観察しているものだと、
感心させられます。


IMG_7764.JPG
蝸牛の彫り物の全体像です。



さて、上に4文字、下に2文字の篆書が、
漆で、うずたかく書かれておりますが、
浅学非才の私には、まったく以て、読み下すことが出来ません。
悲しいことです。


IMG_7778.JPG


IMG_7770.JPG

上の篆書4文字です。



IMG_7777.JPG

IMG_7771.JPG

下の篆書2文字です。



IMG_7766.JPG
一番下の部分の蝸牛の彫り物です。




IMG_7775.JPG
桂山 富岡清作 の銘





IMG_7773.JPG
水戸で有名な”農人形”の置物新聞記事です。
富岡桂山作の水戸弘道館に置かれている農人形とは違います。


出来れば、私の大叔父、富岡桂山の作品に、
又、お目にかかれたら、記録に留めおきたい物と思います。





<参考>
棕櫚(シュロ)の柄の、登り蝸牛。

0.jpg
’12年9月19日撮影











nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ムジナモ実験場とその周辺の動植物! [我が家の自然]

8月13日、朝5時過ぎに起きて、
先ずは、ムジナモの実験場(ほんの細やかです)を見て回り、
それから庭巡りをしました。

今回は、ムジナモの実験場の周りで見られる、
動植物などを、書き留めて見たいと思います。



ムジナモ試験場全景
IMG_7672.JPG





新たなペットボトルのムジナモ水槽3種。
腐葉土、真水そして、桐生砂による実験水槽。
IMG_7684.JPG





水辺の植物 サギソウ
IMG_7676.JPG



ベニヒダタケ
IMG_7673.JPG




シークワサーの葉に、じっと獲物を待つのか、
ニホンアマガエルの姿が!
IMG_7659.JPG





竹の柄に止まるニホンアマガエル。
IMG_7642.JPG




柄のてっぺんに止まるアキアカネ。
IMG_7644.JPG





昨日8月12日、放流のムジナモ5芽
IMG_7650.JPG





ムジナモ観察用ホーロー引きバット内の、
ムジナモとヤゴ。
IMG_7686.JPG


東の庭に差し込む朝日。
IMG_7681.JPG




朝日に映える季節を間違えたフジの花一輪。
IMG_7661.JPG
'14/08/12 16:54 撮影


日本晴れのすがすがしい空の下、
今日も一日、ファイトと思いきや、
終わりしなに空を見上げると、3分の2程、
薄雲に覆われ始めました。

県道を走る車のタイヤの音も大きくなりました。
雨が降るのかも知れませんね。

'14/08/13 07:27 記す



水辺で涼を取るニホンカナヘビ。
暑さのためか、最初見つけた時には、
ペットボトルの水の中に、半分体を、
沈めておりました。

IMG_7780.JPG
'14/08/14 11:44 撮影


'14/08/14 12:07 記す



水の中に入って、泳ぐ不思議なバッタ。
1センチにも満たない、水の中が好きなバッタです。
ヒシバッタの一種です。
ムジナモの水槽では、よく見かけます。
水陸両用の昆虫です。

IMG_7806.JPG
'14/08/15 07:39 撮影


'14/08/17 17:13 記す。ne
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

笠間市”土師みずほの会 めだかの池!” [メダカ]

8月11日、笠間市土師の”めだかの池”を見学に行きました。
国道355号を、石岡市方面から、笠間市に向かう途中の、
旧岩間町土師十文字交差点の笠間よりの、
右200メートル位の所にあります。

進入して、左側(北側)に、”土師みずほの会 めだかの池!”の看板が有り、
水車も、大小2基程ありますので、すぐにわかると思います。

”めだかの池”という触れ込みですが、
めだかは、”めだかの池”では見つかりませんでした。
自然界のめだかを見つけるのは、至難の業です。
田舎者の私は、古代米圃場の看板のある水路で、
3匹程見つけましたが、細君は、教えても見つける事が出来ませんでした。
昔の私の子供の頃の用水路、いわゆる”みーこ”に、
自然に溶け込んだ、保護色で、泳いでおりました。

この”土師みずほの会 めだかの池!”の周辺では、
下記の写真のような、野草や、水車、古代米の圃場などが、
ミニミニですが、見ることが出来ます。

”めだかの池”の名に、つられて行ったなら、
多分失望されると思います。
20年ほど前、私たちが、メダカを放流した、
旧友部町(笠間市)の北山公園池に行って、何万匹という、
めだかの群れに、遭われた方が、数段ベターと思います。
北山公園池は、指呼の間にあります。

以下に、”土師みずほの会 めだかの池!”のスナップ写真を、
貼付して見ます。







IMG_7571.JPG

土師みずほの会 めだかの池!




IMG_7570.JPG
古代米圃場



IMG_7579.JPG
古代米の稲穂



IMG_7573.JPG
水車


IMG_7577.JPG
めだかの池全景




IMG_7581.JPG
めだかの姿 3匹




IMG_7578.JPG
めだかのいる用水路
写真左下の用水路にて、3匹のメダカを認める。



IMG_7575.JPG
ノカンゾウ



IMG_7583.JPG
家紋で有名な沢瀉(おもだか)の花




IMG_7587.JPG
蒲(がま)の穂
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鬼灯(ホオズキ)と盆の入りと! [民俗]

IMG_7712.JPG





今日、8月13日は、盆の入り!
ご先祖様のお迎えの鬼灯(ホオズキ)を、玄関に飾りました。
これで、ご先祖様が、迷う事なく、
帰って来られると思います。

盆には、それぞれの所習慣があり、
これといった決まりはないと思いますが、
今年は、庭で育てた鬼灯を、玄関先と、
盆棚(精霊棚)に飾りました。

子供の頃は、ご近所の農家の庭先には、
決まって、鬼灯が植えてありました。
その当時は、鬼灯が、お盆と深い関係(意味合い)が、
あろうとは知りませんでした。

女の子たちは、鬼灯の実の中身を、
上手に抜いて、口に含み、独特の音色を出して、
遊んでいたのを思い出します。
如何云う訳か、男の子は、滅多なことではしませんでした。
私も、一二度、こっそり試みたことはありますが、
音は、出せませんでした。

話は変わりますが、生活の知恵と申しましょうか、
我が家では、花屋さんで、鬼灯を買うことはありません。
庭に植えて、鬼灯の成長とその花、そして赤い実を、
楽しみつつあります。
消費税も、馬鹿にはなりませんので、
我が家でできる楽しみは、お金をかけないように心掛けております。


ほおずきの栽培で、気を着けなければならない事は、
ナス科の植物なので、連作を嫌うことです。
それと、ホオズキカメムシの食害が、甚だしいことです。
農薬は使いたくないので、虫喰い葉は、
我慢するようにしております。

お盆の鬼灯として使う分には、
実のある所の葉は、落として使いますので、
実用上は、差し障りはありません。

今日は、月遅れのお盆の入りですので、
鬼灯について書いて見ました。



こんばん提灯で、お迎えです。

IMG_7729.JPG



IMG_7710.JPG

地植えの鬼灯(ホオズキ)


IMG_7711.JPG

鬼灯(ホオズキ)のアップ。



面白い鬼灯(ホオズキ)のしゃしん。

00.JPG
2012/10/28 12:15 撮影



00.JPG
表皮が虫に舐められたのか、繊維質が,わずかに現れ始めた所。




00.JPG
かなり表皮が舐められて、中のホオズキの実が、
外から覗けるようになった所です。


00.JPG
7割方、表皮が透けて見えるようになりました。
9月30日の写真です。


00.JPG
10月7日撮影のホオズキ。




00.JPG
10月8日 遂に、表皮の取れたホオズキの実を、
見ることが出来ました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エコ水車と稲穂の波! [日記]

ムジナモの水槽の水草を求めて、
近くのエコ水車のある所へ、
足を向けて見ました。

水車は、実用のエコ水車の他に、
大小二つの水車が、設置されておりました。

IMG_7558.JPG

かつての”清兵衛掘り”に仕掛けられた、
大型の水車です。
稲穂が風になびいております。


そこを、大型の水鳥、アオサギが、
悠然と飛び去って行きました。

IMG_7559.JPG
画面中央に、姿が見られます。





稲の横の空き地には、オモダカなどの水草が見られます。

IMG_7553.JPG




現役で、水の汲み揚げをしている、
スチール製エコ水車。
最初は、木製でした。
わずかの間ですが、歴史を感じさせられます。

エコ水車の、働きぶりを、
貼付してみます。




IMG_7511.JPG




IMG_7556.JPG




IMG_7547.JPG



IMG_7552.JPG



IMG_7551.JPG




メダカの池や、古代米を栽培している所に、
仕掛けられたミニ水車です。

IMG_7512.JPG



かつての”清兵衛掘り”に仕掛けられた、大型の水車です。
実用ではないようです。

IMG_7514.JPG



昨夜、22時59分のスーパームーンより、
3時間ほど前の、我が家の庭で見た月です。
台風の余波が残っており、11日午前3時前後は、
月は雲間に隠れて、見ることが出来ませんでした。

IMG_7531.JPG
'14/08/10 22:55 撮影




これらの水車は、国道355号土師十字路の笠間寄りの、
東側にあります。
台風のもたらした豊富な水が、
水車を豪快に回しております。

’14年8月11日現在。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベニヒダタケ 学名:[Pluteus leoninus] [我が家の自然]

『お初にお目にかかるベニヒダタケ!』

朝、5時半のころ、ムジナモ巡りをしながら、
井戸の所に行くと、今までに、一度もお目にかかったことのない、
黄色いキノコに出会いました。

下の写真のキノコです。

IMG_7166.JPG
真上から見た写真。


IMG_7168.JPG
横から見た写真。






いつものように写真に撮り、キノコ図鑑で、
黄色いキノコを調べて見ました。
幼いキノコの姿だったためか、
同じようなキノコは、見つかりませんでした。


お昼過ぎに見た時には、
かなり大きくなってきておりました。

IMG_7178.JPG




夕方の5時過ぎに、また見に行くと、
また、大きくなっておりました。

IMG_7186.JPG



確認のため、キノコの傘の裏側のヒダも撮って見ました。

IMG_7184.JPG

一度、撮影は終わったのですが、大きさの比較のために、
50円硬貨を横において、撮りなおして見ました。

IMG_7187.JPG




色合い、形などを目に焼き付けて、
再度、検索に、挑戦して見ました。
今度は、これに近いかなと思うものを、
ヤフーで再検索して見ました。

最初に”エノキダケ”、次が、”ベニヒダタケ”でした。

”ベニヒダタケ”で、ヤフッて見ると、
キノコ図鑑(ベニヒダタケ)の次に、
”Pluteus leoninus (ベニヒダタケ)”があったので、
キャッシュクリックして見ました。
「山道歩いていて朽木の根元に生えてるの・・・」の書き出しの
ブログでした。

将にこのキノコです。
一件落着です。
ブログライターの方に感謝です。
2008年4月24日撮影と、数枚の写真が、
貼り付けてありました。

キノコ図鑑によると、
”ベニヒダタケは広葉樹の枯れ木の上などに発生します。 ”と、
書いてあります。

確かに、5~6年前に、切り倒した、我が家の井戸の横の
イロハカエデの切り株に、生えておりました。
この切り株には、いろいろなキノコが出て、
何度も楽しませていただきました。



8月4日、夜10時過ぎ、ベニヒダタケの所に行ってみると、
傘の裏が、何かに食べられており、昼、茎の所を切って、
写真に収めた時より、赤みが増しておりました。
又、なにか昆虫などの食害にあっておりました。

2枚ほど写真に載せてみます。


IMG_7198.JPG
赤みを増して、食害にあった、ベニヒダタケの、
ヒダの写真です。


夜のベニヒダタケ。
フラッシュをたいて撮りました。

IMG_7196.JPG






8月5日、早朝、朝日に輝く、ベニヒダタケ。
傘の裏のひだの部分が、赤みを増し、色あせております。
上から見た傘の周辺も、赤みが出ております。

IMG_7238.JPG
'14/08/05 07:30 撮影


横から見た写真です。

IMG_7239.JPG
'14/08/05 07:30 撮影





8月5日、午後3時半の頃、カンカン照りの夏の太陽を浴びて、
若干、干からび初めて来ました。
太陽は西に傾き始めましたが、まだまだ暑さが、
残っております。

IMG_7249.JPG
'14/08/05 15:30 撮影





ベニヒダタケの時間の経過と、その変わり行く姿を、
追ってみたいと思います。
日時は、写真の下に、明記して置きました。

IMG_7238.JPG
'14/08/05 10:52 撮影




IMG_7239.JPG
'14/08/05 10:52 撮影





IMG_7249.JPG
'14/08/05 15:27 撮影



IMG_7253.JPG
'14/08/05 18:06 撮影




IMG_7254.JPG
'14/08/05 18:06 撮影





IMG_7295.JPG
'14/08/06 12:48 撮影




IMG_7341.JPG
'14/08/07 06:06 撮影

以上、’14年8月7日、朝8時35分に記しました。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤマトタマムシ観察記! [我が家の自然]

2013年7月26日午前11時頃、玉切りした榎の原木に、
ヤマトタマムシが、降り立ちました。
20年以上前は、100年以上たった樫の大木が、
東の境に、立っておりました。
その時分には、ヤマトタマムシも、良く見かけました。
その樫の大木も、20年ほど前に切り倒されてしまいました。
それ以来、ヤマトタマムシの姿を見かけたことがありませんでした。

それが偶然にも、お目にかかることが出来ました。
写真にとって、逃げられないように、2L入りのペットボトルに入れて、
観察しつつ、ヤマトタマムシの生態などを、1時間位かけて調べてから、
また、元の位置に戻してあげました。

0.JPG

最初に見つけた時の、ヤマトタマムシです。
玉切りした榎の原木に止まっておりました。
警戒心は、ほとんど無く、容易に手で、
捉える事が出来ました。


0.JPG

榎の葉と幹を入れた、2L入りのペットボトルに入れて、
観察している所です。

0.JPG

良く見えないので、ペットボトルを輪切りにして、
写真に撮った所です。


0.JPG

オスメス判別のため、おなかの側から見たところです。




0.JPG

榎の切り株に、戻してあげた所です。



0.JPG

やがて、榎の若葉の方へ移動して行きました。


この日は、腹部の形から、オスではないかと思いました。





再び、7月31日の午後1時前、ヤマトタマムシが、
玉切りした榎の原木の所にやって来ました。


0.JPG

キジバトの姿を追っていると、ヤマトタマムシらしい甲虫の姿を見つけたので、
良く見ると、形の大きなヤマトタマムシが姿を表しました。

0.JPG

今回はじっくり観察してやろうと思いました。


0.JPG

産卵管を長く出して、産卵場所を探しているのが分かりました。




0.JPG

玉切りした榎の幹の小さな穴を探り当て、
しっかり産卵管を挿入して、産卵している所です。




0.JPG

細君も、ヤマトタマムシが珍しいらしく、写真に撮っている所です。






0.JPG

産卵管を榎の原木の割れ目にいれている所です。


0.JPG

産卵管の接写です。




30分ほどして、玉切りした榎の原木の所に行くと、
驚いた事に、もう一匹のヤマトタマムシが産卵にやって来ておりました。
ニアミスアリかなと思い、じっと見ていると、
やがてそれが現実となりました。

0.JPG

近づきつつある二匹のヤマトタマムシ。




0.JPG

玉切りした榎の原木の側面で、ニアミスする、
二匹のヤマトタマムシです。
不思議な事に喧嘩はありませんでした。



0.JPG

最初に来ていた大型のヤマトタマムシは、最後の産卵に入り、
現れてから、1時間半弱で、イロハカエデの梢に飛び立って行きました。


このきれいな色をしたヤマトタマムシは、約2年で羽化するそうです。
2年後(2015年)の6月の初め頃が羽化の時期だそうです。
観察と管理をしながら、ヤマトタマムシの羽化した所を見て、
増やしていけたらと願わずに居られません。





『再び現れたヤマトタマムシ!』
ヤマトタマムシの現れる、原木の山を、
注意して見るようにしております。
8月1日、11時38分に、再び産卵に現れた、
ヤマトタマムシを見つけました。
昨日現れた、小型のヤマトタマムシかも知れません。

ここに追記して置きます。

 
0.JPG

再び現れた、ヤマトタマムシ。

2013/08/01 11:38 撮影





<追記 '14/07/26>
昨年の7月16日、ヤマトタマムシが、玉切りした、
榎に来たので、更新して見ました。
今年は、同じ場所に、まだヤマトタマムシは、
現れておりません。
今朝、慌てて、エノキの枝を、切りに行き、
5本ほど、同じ所に置いて見ました。
エノキの香りで、今年も、産卵に来て欲しいものです。


<追記2 '14/08/03>
毎日何度か、玉虫の産卵場所を、注意して見るようにしているのですが、
産卵している所にまだ、出会いません。
しかし、今日8月3日になり、ブ~ンと、鈍い羽音を立てて、
庭を飛ぶ、玉虫の姿を見ることが出来ました。

’14年夏の産卵場所の様子です。

IMG_7150.JPG
'14/08/04 05/30 撮影


<追記3>
8月4日昼過ぎ、漬物桶を、ムジナモ用水槽にしようと、
水を張っていると、写真のタマムシが、浮いて来ました。
産卵時のタマムシの写真は手に入りませんでしたが、
我が家に来たタマムシを、写真に収めることが出来てほっとしている所です。

IMG_7173.JPG
'14/08/04 12:20 撮影


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

沙羅の木とナツズイセン その2 [我が家の自然]

IMG_7018.JPG
一尺ほどに伸びた、今年初めてのナツズイセンの茎
'14/07/29 08:20 撮影



7月28日夜、つまり昨夜の強雨が、何もかも洗い流してくれた、
清々しい晴天の下、ひょっこりナツズイセンが、
沙羅の木のふもとに、一尺ほど、その姿を現しておりました。

木の葉や、小枝が、散乱して荒れた状態の庭に、
みずみずしいナツズイセンの茎は、清々しいものです。

私は、沙羅の木の肌と、ナツズイセンの組み合わせが、
ことのほか好きで、写真は、たくさん撮っているのですが、
このブログに載せたのは、’06年8月4日の一回こっきりという事に、
ちょっと驚いております。

私は、このナツズイセンの出現を見ると、
「間もなくお盆が来るのだな~!」としみじみと感じさせられます。

今日から、ナツズイセンの成り行きを、
時間を追って、写真をアップして行きたいと思います。



参考までに、昨年8月2日のFCに載せた”沙羅の木とナツズイセン”の
写真を転載して置きます。

0.jpg
'13/08/02 撮影



庭の掃除(草刈り)をしようと、刈り払い機を持って、
庭に出てみると、なんとナツズイセンが、二本になっているではありませんか。
昨年は、確かに昨年の写真の通り、一本でした。
球根が分けつして、二本になったようです。
写真では、最初のナツズイセンの茎と重なり合って見分けにくいですが、
手前に、10センチほどの新芽が、出現しております。
強雨と強風で、荒れた庭も、草刈りと竹箒で掃いた為か、
一番上の写真と比べて、すっきりしたと思います。
花はまだ開きません。
でも、茎もだいぶ伸び、少しピンクの花の色が、
大きくなったと思います。
もし昨年と同じ8月2日に咲いたとしたら、
ナツズイセンの体内時計に、敬服したいと思います。

IMG_7032.JPG

'14/07/30 撮影



昨日の見にくかったナツズイセンも、今朝9時の段階で、
一尺(30センチ)弱に、一晩で伸びました。

IMG_7049.JPG
昨日の幼い芽の今朝('14/07/31)の状態。


7月29日に見つけたナツズイセンの蕾も、
今まさに花を開こうとしています。

IMG_7050.JPG
'14/07/31 撮影






参考までに、一日目の新芽と、
二日目の新芽も、添付して見ます。
いずれも、朝の水まきの際、見つけました。

IMG_7052.JPG
一日目の新芽





IMG_7054.JPG
二日目の新芽






8月1日のナツズイセンの開花直前の蕾の様子です。
この調子では、昨年と同じ8月2日に開花するやも知れません。

IMG_7060.JPG
'14/08/01 05:30 撮影



8月2日、昨年に同じ日、ナツズイセンが、
開花しました。
今年は、二輪咲きましたが、この開花時の一致は、
単なる偶然なのだろうか?
いや~、驚くと同時に感嘆させられました。
こうなると、来年、’15年は如何なるのだろうかと、
興味を惹かれます。

先ずは、写真をご覧あれと云いたい気持ちです。

IMG_7081.JPG
'14/08/02 05:00 撮影

自然の不思議でした!




ナツズイセンの花も、4輪となり、
花茎も7本となり、賑々しくなりました。
8月3日の、朝5時過ぎは、まだ気温もそれほど高くなく、
庭巡りには、快適です。

IMG_7124.JPG
'14/08/03 05:30 撮影
4輪咲いたナツズイセン。



ナツズイセン発見初日と比較して、
花茎も7本となり、豪華になりました。

IMG_7125.JPG
'14/08/03 05:30 撮影




8月4日朝5時30分のナツズイセンの様子です。
日本目のナツズイセンも、2輪程開花し、
沙羅の木の下も、華やかになって来ました。

IMG_7163.JPG
'14/08/04 05:30 撮影




ナツズイセンの芽を見つけて、10日目。
ナツズイセンは、満開となり、
今を盛りと咲いております。

お盆にも、花を見せてくれるのか、
今も新たに、小さな花芽が、出続けております。

IMG_7434.JPG
'14/08/08 06:38 撮影。



我が家のナツズイセンの群落は、
合計五か所となりました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ムジナモの栽培法 その問題点油膜! [ムジナモ]

ムジナモの栽培水槽に、油膜がしばしば出現します。
これは、見た目に良くなく、
美観を損ねてしまいます。

私は、それを見つけると、水道水(自家用水道・地下水)を注いで、
外に流すようにしています。
それによって、油膜は、消えてなくなってしまいます。

その原因は、何なのか、それが問題です。
自然界の池や沼などでは、湧水が湧き出ていて、
自然に流れてしまうのかも知れません。

小さな水槽で、ムジナモを栽培すると、
自然界と同じようなことを、人為的にしなければならなくなるのは、
もっともなことと思われます。

私は、庭の植物を見て回る時に、
水槽に油膜を見つけた場合には、
即、水道水で、曝気しながら、流すようにしております。
この曝気で、水中の酸素量も、同時に増えて、
好結果をもたらすのではないかと思っております。

油膜の張った水槽の写真は、
見にくいですが、参考までに、
貼付して置きます。


IMG_7061.JPG
油膜の張った水槽。

参考までに、”水槽 油膜”で、ヤフッてみるのも、
一つの方法かも知れませんね!




ムジナモの水槽に、油膜ができるような状態の時には、
ムジナモにアオミドロや、汚泥などが付着して、
光合成が妨げられるのか、成長が停滞したり、
萎縮、あるいは、消失してしまう事があります。
油膜のひどい水槽は、水道水(地下水・井戸水)を使って、
思い切って曝気します。
そうすることにより、水槽の濁りも、
徐々に消え、数日して、透明な、清澄な水槽に変わることが多いようです。

その際、アオミドロと汚泥で、芽(成長点)以外真っ黒になったムジナモは、
他の健全な水槽に移しておきます。
写した水槽内のムジナモは、数日もしない内に、
健康なムジナモに戻る場合が多いです。

曝気中のムジナモ水槽。

IMG_7227.JPG

'14/08/05 12:30 撮影


健康なムジナモの参考例

IMG_7237.JPG





アオミドロと汚泥で、健康を害したムジナモの例

IMG_7224.JPG




油膜、ひどい濁り、そしてアオミドロを取り除きたいと思いから、
水道水の放水で、強制的に、何度も、
曝気を繰り返しました。
2~3日前から、水槽の透明度も増し、
アオミドロも徐々にではありますが、
ムジナモから、消え始めました。

ムジナモの芽も、3芽から、7芽に増えました。
アオミドロともろもろとした汚泥と濁りの除去には、若しかしたら、
強制曝気と、水の入れ替えが、有効なのかも知れません。

IMG_7792.JPG
'14/08/15 05:08 撮影

以上、’14年8月15日 午前7時1分記す。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の20件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。